top of page
〜 ​お知らせ 〜

セルヴァジーナのシェフです 。

皆様にご報告です。 当店も2011年11月に開業してはや13年です。
その間、月日の流れと共にいろいろ変わっていきました。
東日本大震災から復興、コロナ禍、コロナ明け、グローバルサプライチェーンの崩壊に伴う物価高、SDGS、少子化と人手不足。

セルヴァジーナはそんな中で最初はマトモなプーリア郷土料理食堂
としてスタート致しましたが、だんだんと野外での食材探しが
エスカレートしていき天然のキノコ採りや野草摘み、
そしてとうとう鉄砲で鴨撃ちまで始めてしまいます。
遂にはチーズ工房をも併設致しました。

従来の食堂としてのアラカルト料理と、自然の食材や自家製チーズを多用したコース料理の両方の仕込みをこなさなくてはならなくなり、
僕は寝てる時間以外はひたすら働くようになり、スタッフたちにも過大な労力を強いることになっていました。

今年に入ってからも2月中旬まで狩猟、そこから野草摘みと山菜、
GWのイタリア展の仕込みが続き、ようやくひと段落ついたところですが夏には長年働いてくれたスーシェフの独立もあります。
そろそろここいらで13年あちらこちらに伸び続けた枝葉を整理して次の10年、無理なく成長できる働き方にチェンジする時が来ました。

今月よりディナー営業はアラカルトを廃止し、
お任せコース8500円1本とさせていただきます。
秋には天然キノコのコース、冬にはジビエのコースを
ご用意します。

ランチ営業は5月は内容は替わらず、
6月よりお任せコース6500円のみでの営業となります。
また、ランチ営業は土日のみとなります。

カゼイフィーチョでのチーズ販売は基本的に電話かネットでの
予約販売とさせていただきます。

BASEのオンラインショップによるフレッシュチーズ
(パスタフィラータのモッツァレラ、ブッラータなど)は
木曜金曜のみの販売発送となります。

またモッツァレラとブッラータはいままで消費期限を7日と
しておりましたが、今後製造日から3日とさせていただきます。

これは沢山儲けたいということより、
より美味しく食べて頂きたいゆえの変更です。
お食べになる日から逆算して購入していただければと思います。

随分と長くなってしましたが
より自然に向き合った料理を作れるように
そしてより美味しいチーズが作れるよう
(フレッシュチーズ作りは本当に心の余裕と集中力が必要なのです)決断させていただきました。
何卒ご理解の程、よろしくお願いいたします。

オーナーシェフ
高桑靖之

​2024年5月10日

〈Osteria〉

ランチ

土〜日曜日 

12時 または 12時30分ご来店

  (15時00分closed)

* お任せランチコース  *

南伊プーリア州の郷土料理 

カゼイフィーチョ・セルヴァジーナの

手作りチーズのコース

​¥6500(税込

  

     ディナー 

水~日 18時open - 23時closed

(最終来店20時00分)​​

南伊プーリアの郷土料理や手作りチーズ、

旬の食材を使用した季節のお皿を

コース仕立てでご用意しております

​¥8500(税込)

別途コペルト料¥500

セルヴァジーナの手作りチーズを

ご自宅でもお楽しみ頂けるよう

小売り販売を行っております(要予約)

一緒にイタリア食材やおすすめワインも

ございます♩


また、店頭販売だけでなく

ネット販売も行なっております。
是非皆様のご予約ご注文

心よりお待ち申し上げます!

​↓  オンラインショップはこちら ↓

​(毎週木〜金曜日発送)

web用?Caseificio-2.jpg
selva.png
selva nome.png

詳しくはTELにてお問い合わせ頂くか、FBをご覧下さい。

IMG_2680.jpg
IMG_3709.jpg
IMG_5978_edited.jpg

Primavera ~~
Raccolta di erbe selvatiche

春になると駒込を飛びだして、自然の中へ。

まだ霜が残る中 早々にハマダイコンが顔を出し始めます。
徐々に小川沿いには芹やクレソン、ミゾソバ、野山にはノゲシやカラシナ、カラスノエンドウなどの若草が青々と茂り、春の訪れを知らせてくれます。いつもプーリアの春は野草料理ではじまります。しばらくすると、今度は関東山地を巡り山菜を摘みに出かけます。シェフの地元、秋田の男鹿半島からも採れたてのタラの芽やコシアブラ、行者ニンニクが届きます。

S__8986631.jpg
IMG_3812.jpeg

Estate ~~
Prepara il formaggio e raccolta i funghi estivi

初夏を迎えると、セルヴァジーナは”原点”となるプーリア料理に立ち帰ります。イタリアの地図、ブーツのかかと部分から伸びるサレント半島と地中海で育まれた海の恵みや野菜たちの素朴でどこか懐かしい、純粋なプーリア料理が味わえます。

しばらくして梅雨が明ければ こんどは夏のキノコ。
里山ではポルチーニ茸、タマゴ茸はもちろん、アンズタケやチチタケが顔を出し始め、みんなで収穫します。フレッシュなきのこ満載の料理が並びます。

IMG_4282.jpeg
fullsizeoutput_636.jpeg
fullsizeoutput_75d.jpg
S__9027592.jpg
IMG_4384.jpeg

Autunno ~~
funghi funghi funghi!

秋になると さらに天然きのこはピークを迎えてゆきます。

狩り場は亜高山帯に移り、スタッフみんなで夜明け前から道無き

をひたすら歩きます。夏には出会えなかったチャナメツムタケ

ハナイグチ、クロカワ茸、舞茸などを探しに出かけます。

​また、サルナシやガマズミなどの野生の果実もお皿を彩ります。

IMG_5077.JPG
IMG_2904.jpg
S__9109509.jpg
S__9109506.jpg
IMG_5076.JPG

最寄駅

JR山手線駒込駅北口 徒歩2分

​南北線駒込駅JR北口 徒歩2分

Inverno ~~
Caccia e salumi e raccolta
di tartufi

天然茸の発生が終わるといよいよ狩猟の季節が始まります。
銃をかついで荒地に住んでいるキジや山鳩、オホーツク海を渡って越冬しに飛来する鴨を求めて歩きます。
いつもうまくはいかないけれど沢山の野鳥をぶらさげてお店に帰ってくるときは嬉しいもの。
希少な日本産の黒トリュフも少しは収穫できます。
これはナターレのお楽しみ。
プーリア州マルティーナフランカの町のお肉屋さんで教わった生ハム作りもはじまります。

いつもなんだかせわしないけれど、こうしておいしい日々はつづいていきます。

IMG_5345.JPG
S__9109516.jpg
S__9175044.jpg
IMG_5348_edited.jpg
IMG_5437.JPG

営業時間
〈Osteria〉

​ランチ : 土、日曜日 12時 または 12時30分ご来店(15時閉店)

ディナー : 水〜日曜日 18時〜23時 (最終来店20時)

詳しくはTELにてお問い合わせ頂くか、FBをご覧下さい。

 

〈Caseificio〉

木〜日曜日 12時〜19時

要予約

※日によって発酵速度や完成時間が変わるため

​ 販売の開始時間が遅れる場合がございます

定休日

月、火曜日

Address

〒170-0003 東京都豊島区駒込3-2-7

リトル駒込 1F
TEL:03-6903-7020

Mail:selvaggina327@gmail.com

​当日予約や営業日等のお問い合わせについては直接お電話ください

​03-6903-7020

bottom of page